断脚の気持ち。

  • 2014.10.28 Tuesday
  • 11:56

この日の記事(下の にんにんに関すること)を読んで、
ここ数日、私はどうなんだろって 考えてました。

ウニくんの娘さんが にんにんで、エピの息子がモモタ、
ウニくんとエピが親戚にあたるので、この おふたりも
遠いですが親戚になります。

そんなことから仲良くさせてもらっているんですが、
昨年の同じ時期に肥満細胞腫(悪性腫瘍)と診断され、
にんにんは昨年の大晦日に、モモタは今年の1月に
断脚という足の切断手術をしました。

切断といっても発症した箇所が足の付け根で、それも
ふたり揃って前足だったので、にんにんは右前足を、
モモタは左前足を、人間で言えば肩からの切断です。







これ、直接言え!って感じなんですけど、私ね、
ウニ母には本当に感謝してるんです。

もちろん 私は私で先生に聞いたり相談しましたけど、
にんにんは違う病院ですから、そこで聞いたり 知った
ことをね、にんにんのことで それどころじゃないのに
私に何度も何度もメールをくれたんですよ。

断脚を決断したのは もちろん私自身なんですけど、
背中を押してくれたのはウニ母なんです。

ウニ母の存在がなかったら、あの時、あのタイミング
で手術をしてなかったかも知れないし、いつまでも
ズルズルと決断出来ずにいたと思います。



にんにんに対しての『 申し訳ない 』って気持ち、
分からないではないんですけど、冷たいのかな、
私はモモタに対して そう思ったことがないんです。

走ればズッコケたり転んだりも しょっちゅうだし、
サッと立ち上がれないことだってあるし、散歩でも
にんにんみたいに ずっと軽快には歩いてくれない。

ウンチで踏ん張る時に よろけもする。

洋服を着せる時やカットする時に あぁ そうだったか
って、あらためて思ったりもする。

そんな時に なにも思わなくはないんだけど、でもね、
悲しいとか辛い気持ちにはならないんだよね。



切なくなったら あの時の、自分の書いた記事を見て!
あの時どんな思いで、どんなに安堵したことか。

『 それでも生きててくれて 感謝してます。
深く深く感謝してます。』 ←これだよ!!



犬は今を生きる動物。
人間が考えるほど 本人(本犬)達は深く考えてない。
足が3本でも元気にいてくれてるし、他の子より
少しばかり出来ないことがあるだけで、他の子とは
な〜んら変わらないんだよ〜。(* ̄∇ ̄*)



転移や再発の恐れはあるけど、手術をしたことで
ひとまず癌を遠ざけられた。これは私にとっては
この上ない喜びで、モモタも元気にしてくれている。

これは手術をしなければ得られなかったことで、
その決断の背中を押してくれたウニ母には 、本当に
心から感謝しています。ありがとうね。

コメント
ジャックラッセルテリアさん。

コメントありがとうございます。
愛しい我が子の断脚を決断されたお気持ち、
経験者なので痛いほど分かります。
愛犬のことを思うと辛くて辛くてたまらないですよね。。
私の場合は同時期に手術をしたお友達の話を聞いたり、
断脚後の様子を載せたYouTubeを見たりしてました。
最終的には愛犬の足が無くなるよりも、少しでも癌を遠ざけたかった、
ただその思いが強かったかな。。

痛々しい術後の姿を見ても心が痛むと思いますが、
こちらの心配をよそにピョンピョンと飛び回ってくれますから大丈夫ですよ。
まして愛犬ちゃんがジャックラッセルなら尚更、
痛みが取れて復活すれば元のように元気になって
またいつものようにお散歩に行けますよ。(^^)

我々人間が考えてるよりワンコは強くて逞しいです。
応援してます。頑張って下さいね。(^^)
  • BRETママ。
  • 2018/09/18 1:13 PM
11歳の愛犬が二度目の肥満細胞腫で来月頭に右前脚断脚隣ました。
こちらのブログを見てとても心が軽くなりました。断脚に対してマイナスの気持ちばかり溢れていました。命にかえれるものなどないです。
ありがとうございます。
心新たに手術に臨みたいと思います。
  • ジャックラッセルテリア
  • 2018/09/17 8:40 PM
ゆちへ。


ブログでは うまく表現出来なかったけど、
ゆちの にんにんを思う気持ちは 痛いほど分かるし、
今の思いも すんごく分かってるよ!

今回は、風邪が ゆちのナーバスを
引き起こしちゃったのかもね。。


ウチなんて、初めて しこりに気づいたのは10月だよ!
言い訳だけど、その時ちょうどエピが 薬の副作用で
苦しんでて、私も脂肪腫だって決め込んでて。

診断されても すぐには手術をさせられなかったうえに
入院中も面会にすら行けなかったんだから・・・。


ウニくんの親戚さんで 他にも手術した子がいるんだね。
もしかして、中には 気づかない人もいるかも。。

そう思えば、断脚までしたけど、にんにんもモモタも
ある意味ラッキーだったんだね!そうだそうだ!


人間もそうだけど、癌の早期発見は難しいよ。
ましてワンコだし、皮膚ともなると痛みも痒みも
うったえないから よけいにね。
母は痛みと痒みを10年以上うったえてたけど。( ̄∇ ̄;)


これ、母の時に担当医に言われたんだけど、
昔より寿命が伸びたから 世の中にはこんなに
癌の患者が多いんだって。

これ、ワンコにも言えることで、体質や遺伝もあるけど、
長生きしてくれてるからこそ色々と患っちゃうんだよ。

そう思えば、にんにんもモモタも、ウニくんもエピも
みーんな みんな頑張ってるシニアなんだよね〜。


これから先 なにが起こるか分からないけど、
今は、今 元気でいてくれることを喜びましょ♪


ゆち、モモタの命を伸ばしてくれて ありがとうね。
  • BRETママ。
  • 2014/10/30 9:59 AM
びとまま〜、もし 私が 少なからず
びとままの肩を押したのだとしたら
こんな弱気な私でごめんよー。

断脚を決断するときは
主治医とセカンドオピニオンに
断脚を薦められたというか
もうそれしかない道はない 
と言われたようなものだったから
即決断できたけど

今の にんの姿は可愛くもあり不憫でもあり
なんだよね。。。
不憫と思ってはいけないと思っても
小さい事で、あ・・・ って思う時がある。


で、にんが肥満細胞腫になってから
モモタくんを含めると 3ワンが 
にんの後 手術してるのね。
どの子も、ウニの親戚さん・・・!

断脚したのは モモタんと にんだけだけど。

ひとりは、わりと大きめの肥満細胞腫だけど
脇腹だったから 足を切るとかではなく
脇腹を大きく切ったの。
筋肉に届くか届かないくらいの深さで 横はもっと大きく。

で、もう一人は 小豆大の肥満細胞腫が後ろ足に出来たの。
最悪断脚かもしれなかったけど
まだ肥満細胞腫が小さかっったからなのかな?
断脚しなくてもマージンは取り切った。
グレードも1だったから、もうほぼ心配ないよね。

だからってわけでもないけど
もしかして、にんも、あずき大の時に気づいてあげられれば
断脚しなくても済んだのかな?
グレードも高くならなかったのかな?なんて
ちらっと思う事も・・・

けど、冷静になって考えると
ハイグレードだからこそ進行が早過ぎて
その腫瘍に気づけなかったんだって思い直すけどね。
トリマーさんも、一ヶ月前は無かったって言ってたから
あっという間のことだったのかなって。
(自分を正当化してるみたな言い方だね)

でも、私、超悲観的な人間だから
ついつい、あれ〜?私が早期発見できなかったせいか〜?って
思っちゃう事があるんだよね。

毎日そう思ってる訳じゃないよ。
ちょっと気分が落ちてる時とかにね。
その時書いたブログが、申し訳ないのブログになっちゃっただけだよ(^―^)
いつもは、申し訳ないより
がんばれ にん!って思ってるよー。
足を切った分、長生きしてくれーーって思ってる。
そっちの思いの方がずーーっと大きいよ。
  • ウニ母ち
  • 2014/10/30 1:52 AM

ぴかこさんへ。

覚えてますとも〜!お久し振りです〜。
ブログ 拝見しましたけど、まさかの
7ワンコにビックリ!楽しそう〜♪

百々ちゃん16歳になったんですね、
年令を重ねても 可愛さは相変わらずですね♪
病気をしても元気そうでなによりです。

脳には色々な病気があるけど、年齢的に
検査が限られちゃうのが困ったもんで、
見た目や行動を含め、先生の経験で判断
するしかないし、薬にしても ある意味
一か八かの賭けをするしかないんですよね。

背中のイボも潰れるんですね!
それも、白癬菌が潜んでる場合があるとは!
今はカサブタのままなんで様子見をしてますが
今度 病院に行った時に調べてもらいますね。

こちらこそ、これからも宜しくお願いします♪
  • BRETママ。
  • 2014/10/28 6:35 PM
こんにちは。

ご無沙汰しております。
覚えていらっしゃるでしょうか、エピくんの親戚さんの百々の飼い主の ぴかこです。

実は、BRETママさんのブログはずっと見せていただいていていました。
昨年の11月頃、百々の顔が突然傾きました。
クルクル回るように歩いたり。
獣医さんからは、脳腫瘍の疑いがある と言われ私自身、パニクっていました。

どうして、BRETママさんのブログに行きついたか覚えがないのですが、エピくんの「仕草」とよく似ていることに気づきました。

前庭疾患という病気があることを知り、脳腫瘍じゃない可能性が見いだせたことに安心しました。
詳しい検査ができないので、脳腫瘍の可能性は捨てきれませんが、今も普通に生活していますのでたぶん違うのでしょう。

ブログを読ませていただいていて、とても勉強になります。
これからもよろしくお願いします。


数日前に書かれていたエピくんの背中のイボ。
同じようなものが百々にもあります。 つぶれます。
うちでは、数年前から出来たり消えたりしています。
白癬菌がいるということで、水虫の薬をつけています。






コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM