エリスリトールとグリシン。

  • 2017.06.29 Thursday
  • 23:44

らっきょうや梅関係に使用したグリシンと
エリスリトールについてまとめてみました。


【 エリスリトール 】
人工甘味料にはいくつかの種類があって
その安全性についても色々と言われてますが、
様々な食品や病院食などでも使われいて
最も安全性が高いと言われているのが
エリスリトールです。

【 特長 】
・ゼロカロリー
・甘さは砂糖の70〜80%
・吸熱作用があるため清涼感がある
・虫歯の原因となる酸を作らない
・血糖値を上昇させない
・小腸で吸収され血中では代謝されず
その90%が尿として体外に排出される


料理になどで使用する場合は加熱により
溶けるのですが、温度の低下に伴い結晶化
する特長があります。

温かい料理には粉末のエリスリトール、
冷たい料理や飲料には液体のラカントに
を用いるのをオススメします。


*******************


【 グリシン 】
体内でも作ることの出来る必須アミノ酸の
一種で、食品ではホタテ、エビ、カニ、牛肉、
豚肉、鶏肉など肉類に多く含まれています。

【 特徴 】
・静菌作用( 菌を抑える )
・ミネラル分の吸収促進
・塩味と酸味を和らげる
・甘味を伴った旨味
・甘さは砂糖の70%

↑の食品としての特徴の他、胃酸を抑えたり、
グリシンと結合することにより肝臓での解毒、
脂質の消化吸収を助ける、アルコール代謝の
促進といった特徴があります。

安全性の高い物質であることから、食品、
サプリや医療品など身の回りにある多くの
ものに用いられています。



余談ですが、グリシンは睡眠の質を高めて
くれるのをご存知ですか?

私は始めてまだ約1か月ほどなのですが、
それまでは寝付きも特に目覚めは非常に悪く
ぶっちゃけ遅刻したこともあったのですが、
グリシンを始めてからは寝付きが良くなり
目覚ましでパッ!と目覚めることが出来る
ようになりました。

もちろん寝付きや目覚めはその時の状態に
よって悪い時もありますが、今や私には
欠かせないものとなってます。

詳しくはコチラコチラに書かれてます。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM