らっきょう@漬け込みから完成。

  • 2018.06.04 Monday
  • 10:56



漬け込みが完了した 先日のらっきょう

下漬け( 粗漬け)まで終わったのが深夜0時。

3日目( 31日の深夜 )に本漬けしたかったけど
今年は仕事の関係で4日目( 6月1日 )に本漬け。

* 下漬け( 粗漬け )の行程は コチラ と同じ。


『 自分&Sさん用 』
下漬け( 粗漬け ) にはピンクソルト( 岩塩 )、
本漬けには富士酢、本みりん、粗糖、トウガラシ。

『 Kさん用 』
下漬けにはカンホアの塩( 海塩 )、
本漬けには富士酢、甜菜糖、トウガラシ。


富士酢 は原料米が無農薬、トウガラシも
無農薬栽培、本みりんは原料米が国産。

処理したらっきょうの重量 7kg 。(笑)



【 7月20日 】
常温でせめて2ヶ月は寝かせたかったのだけど
最高気温36℃〜38℃の今年は室温も高いので
早めに冷蔵庫( 野菜室 )に移動。

『 自分&Sさん用 』
らっきょう本来の辛さはないものの粗糖が
少なめだからか甘さは感じない。
あと1〜2ヶ月待ってみて甘味を足すか
考えようかと。

『 Kさん用 』
そのまま舐めても甘い甜菜糖ゆえ
こちらは安定の私好みの味に。







↓レシピの材料の分量を参考にしました。
田舎のらっきょう漬け!ピリ辛甘酢醤油漬け

下漬け( 粗漬け )は甘酢漬けと同じやり方で、
氷砂糖を粗糖にして漬け液は冷ましてから
漬け込みました。

こちらは初めての試み( 味付け )なんで
仕込んだらっきょうも少なめの2kg 。(笑)








【 完成@7月15日 】
らっきょうの辛さが薄くなり味が落ち着いて
来たのは漬け込んでから2〜3週間後。

約1ヶ月で辛さは無くなり味も安定したかな。
見た目に反して全くしょっぱくはなく、
酸っぱくも甘くもない良いバランスの
甘酢醤油漬け( たまり漬け )が出来ました。







漬け液を少なめにして冷蔵庫で保存。







下漬け( 粗漬け )に使ったお塩。







富士酢は一升瓶。(笑)







美味しいお酢と黒糖の組み合わせ からの
発想というか実験。(笑)


下漬け( 粗漬け ) 6月18日 夜、
本漬け 6月21日 夜。

お酢と黒糖の分量は適当。


【 左 】
里山農場 の純米酢
・純黒糖
・トウガラシ( 無農薬 )

【 右 】
富士酢
・純黒糖
・トウガラシ( 無農薬 )



こちらはググッと堪えて1kg 。(笑)




昨年 はらっきょう7kg、
そして今年は10kg

我ながら感心。(笑)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM